Meaningless Harts


ようこそ。
by HasyMoon
フォロー中のブログ
Iと、愛と、合氣道 ~心...
BINBO Magazine
ASTRO CALENDAR
単車男!が綴る『週刊☆博...
題ちゃんのお話
みやこわすれ
まつの木だより
from our Dia...
jam×jam
じゃじゃママのMEMOブログ
come into bud
毎日がるんるん♪
Toward The L...
【匠のデジタル工房・玄人専科】
松田商店
こすくんち・・・
BeAVer
マロン☆マロン
Aller il est
さわらび日記
雪ママ日記
kiyokyo
ゴロネコ山日記
bebe
タイトルは無いのよ~♪
入れ歯とインプラントの日記
masao's siesta
Ocean Breeze
My life work
まい ふぉと ぎゃらりー
デジカメ.散歩道
maguchan
Today's Talk
こころの色
ほっとタイム
花好き
ばあばの畑
でこいちどん
手作り餃子 長樂 / 山...
うさぎP広場
大好き!山中温泉
左らく・寿司らんど
手品・奇術・マジック
Digiphoto De Ai
金沢マジックの広場
Camera Obscura
懐華樓女将とスタッフの金...
MYDOSAN
牛柄とおしゃれな食器のキ...
ありがとうを紡ぎながら
Golden Jazzb...
ピアーレパソコン広場
MIYANOKOSI
塗師屋さんのヒマつぶし
に負けてられない!が復活...
IN THE LIFE
恋人達
なすびの花は無だばかり
Best of Kana...
ブログリンク
ライフログ
タグ

こぞくらの煮付け

b0064008_19544552.jpg小学校のとき、夏休みのお昼ご飯に、こぞくらの煮付けがときどき登場しました。こぞくらはブリの子供で、成長するにつれ、石川県では「こぞくら」→「ふくらぎ」→「がんど」→「ぶり」と名前が変わります。

幼い頃、この「こぞくら」の煮つけが食卓に並んでいるときは、決まってうるさい蝉の鳴き声と、カタンカタンと首を振る扇風機の音が、汗をかきながらお魚の身をむしる私の耳に聞こえていました。そして、脂の少ないモソモソした「こぞくら」の身がのどを通らず、それがいつも暑さを倍増させました。だから「こぞくら」は私にとって、イラつく夏の風物詩です。

そういうわけで、私は「こぞくら」を、自分で買って煮付けにしたことがありません。先日、初めて買ったのは、単に大きくて安かったから。
b0064008_1955158.jpg

おばあちゃんのこぞくらの煮付けは、いつも酢が入っていました。だから余計にきらいだったのかもしれません。でもまぁ、それに似せて作ってみました。梅干を入れて甘めの味付け、そして最後に酢を回し入れ、ひと煮立ちさせます。

お味は・・・
かなりいけます・・・というか・・・美味しい・・・

「最近のこぞくらは変わったね、おいしくなった」と友人に言ったら、

いや、あんたが変わったんでしょ、と言われた。

「こぞくら」の美味しさが分かるようになったか、私も。
これで、「こぞくら」も克服やぁ(^^)v
[PR]
by HasyMoon | 2007-08-06 20:18
<< 夏のお鍋 今年もゴーヤチャンプル >>


カテゴリ
最新のトラックバック
101番目の愛を語るのは
from BINBO Magazine
リフレクソロジー
from リフレクソロジー.org
「50の愛」展
from BINBO Magazine
In the White..
from BINBO Magazine
最近、美味しかった物 2
from 谷口博山 山中温泉・茶道・茶..
ギャラリー萩10周年「萩..
from KAGA旅・まちネットブログ
長樂親子、海の貴婦人に会..
from 手作り餃子 長樂 / 山中温泉
石川県、もりあげましょう。
from 牛柄とおしゃれな食器のキテレ..
Dukedong
from BeAVer
地震
from BINBO Magazine
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧